数年前に、故郷に帰った友達が
また、東京で仕事をすることになり
先日お昼休み中に、急に電話が入り
急遽、夜ゴハンに行くことに。

新宿で待ち合わせたものの、どこのお店に行こうかは
決めておらず、あっちの道の方がお店ありそうだね
とフラフラ歩いていると、
何気なく、メニューを見たお店に
「ここがいい!ここにしよう!」と、
ワケも分からず、友人に付いていく事務員。

コ洒落たレストランバーのイチオシメニューは、
なんと!イノシシ!

事務員が、ドリンクを選んでいる間に、
イノシシ料理を片っ端から注文している友人。。

イノシシ初体験の事務員でしたが、
まったく、クセがなく、ミンチにしても
お肉を食べてる!というしっかりとした食感!

友人の故郷では、イノシシが作物を荒らすため、
イノシシ猟が行われており、
狩ったイノシシは、ちゃんと処理して、
ご近所にタダで配るそうな。

きちんと処理されたイノシシのお肉は
臭みもなく、おいしいけど、専門で処理する人があまりいないとか。

有り余る
ザ・イノシシ・薀蓄。。と思っていたら、
どうやら、
レストランにイノシシ肉を卸すというのが
友人の東京での仕事の一発目だそうで。

一口ごとに、どう?どんな味?と感想を求められ
初食レポまで疑似体験してしまった。

まぁ、これで、この食事代も経費で落とせる!…かもしれないので、
なによりです。。

友人の説明で、まさに!と思ったのは、
「メンチでも、ちゃんとお肉を食べてる!って感じだね」
という私の初食レポに
「イノシシのお肉は、なんか、こう、パワーがあるよね!エネルギッシュっていうか!」

そうなんです。
例えるなら、柔らかいのに、猪突猛進な食べ応えなのです。


皆さんも、機会があれば、是非食べてみてください〜
 
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL